野球用品のリユース事業

株式会社RafaEvent2013年に創業して以来、長崎、広島、愛知、東京と拠点を拡大してまいりました。

 

弊社がサービスを提供しているリユースの市場規模は年々大きくなっています。

理由として各業界、下取りの普及・フリマアプリ・オークションなどの普及が上げられます。

BtoCCtoC共に圧倒的なスピードで中古品の売買が行われるようになりました。

中古品の売買が新品販売に大きく影響しているとも考えております。

新品が高単価になってきた今、現状持っていて使用しなくなった物を捨てるのではなく売却して新品購入時の資金にするということは今の時代では、当たり前だと感じています。例えばiPhoneですが、数年前までは下取りに出して機種変更をするというのは一般的ではありませんでした。しかしながら今では当たり前になっています。

消費者が賢く、高単価になった新品を購入するというのは今となってみれば「当たり前」だと感じます。

 

そこで弊社はニッチ市場「野球」という競技人口が減少している業界に絞り込み、リユース(下取り)を活用して新品販売にお役立ちをしております。

 

2007年と2016年を比較して、野球人口は小学生が19%、中学生が32.7%減少しております。

理由として野球に興味があっても、野球用品が高単価になっていっている事もあり購入が困難になっている事が考えられます。

そこで弊社では野球を始めたい、新しい野球用品を購入したいお客様を対象にした買取事業を展開しております。

 

1つはネットより中古グローブの買取

2つめは全国のスポーツ店舗で新品購入時に下取りを行う

 

こちらを窓口として、弊社サービスピンチヒッターでは月間買取数18000点を突破しており、お取引店舗数2000店舗、ピンチヒッター加盟店舗も180店舗を突破しました。

これまで野球グローブは個人の型がついていたり、刺繍が入っていたりしている為、買取価格が付けられませんでした。

そこで弊社は国内ECなど幅広い販路を設け、買取した商品を毎月販売しております。

その販売データを元に、査定基準を創ってまいりました。

 

結果として加盟店舗の前年売上を大きく更新する事に成功し、加盟店舗も今年に入り大幅に増加しております。

弊社も2013年の創業以来、過去最高の売上を更新する事が出来ました。

更にはエンドユーザーの方々も定価の商品を下取り活用で実質負担が半額以下で手に入れる事も出来るようになりました。

 

 

今後もリユースを活用し業界発展に微力ながら貢献して参りたいと思います。